動物メディカルセンター箕面|大阪・箕面・小野原西の外科・整形外科・内視鏡手術が得意な動物病院:内視鏡手術,整形外科,ペインコントロール

各科診療・専門外来

HOME各科診療・専門外来頼れるホームドクター当院の手術について

当院の手術について

内視鏡外科【腹腔鏡・胸腔鏡】~小さな傷口で痛みの少ない手術~

従来の手術はお腹や胸を大きく切って行う手術が主でした。
傷口が大きくなると、痛みも大きくなり、
手術後の回復も時間がかかることが言われています。
痛みが大きく、入院日数も長くなることは、飼い主様が
手術をためらわれるだけでなく、動物たちにとっても
大きなストレスとなっていました。

しかし、内視鏡手術(カメラを用いた手術)を用いれば、
小さな傷口で痛みも小さく終えることができます。


当院ではこの腹腔鏡・胸腔鏡の最新技術を取り入れることで、
手術を受けられる小さな家族、そしてお世話をしてくださる
飼い主様にとって、優しく負担の少ない手術を心がけています。

内視鏡外科【腹腔鏡・胸腔鏡】~小さな傷口で痛みの少ない手術~

内視鏡手術 術後写真

内視鏡手術ってどんなふうにやるの?

お腹や胸に(カメラや操作器具が入るほどの)小さな穴を、2~5か所開け、
そこからカメラや操作器具を入れます。
モニター画面に映し出された、お腹や胸の中をみながら、特殊な器具を用いて手術を行います。
傷口の切開は5mm~1cmほど。(写真オレンジの丸印)

どんな手術や検査ができるの?

診断のための検査・・・お腹や胸の中の臓器の一部を採取して病理検査をする
臓器の目視下検査・・・開腹することなく直接臓器を見て判断する
各種手術・・・卵巣子宮摘出術(避妊手術)、陰睾丸手術、胃切開、胃固定術、膀胱結石手術、腸切除、肺葉切除など

お腹や胸の小さな切開から、カメラと操作器具を挿入します。

体の中の状態が、画像としてモニターに鮮明に映し出されるので、
それを見ながら手術手技を進めていきます。
体の中で切除や縫合などができます。

超音波メスや電気メスを用いて、体内に糸を残さないので、
過剰な反応のリスクも抑えられます。

メリットとデメリットは?

メリット
傷口が小さいので痛みが小さく、また術後の回復も早いこと。
開腹や開胸しない(お腹や胸をあけない)ので、手術中の低体温や術後のストレスによる胃腸などの影響が小さいこと。
デメリット
熟達した技術が必要なこと。
ある限られた手術や疾患で適応できないことがある

国内外の内視鏡外科手術研修を修了し、数多くの症例を経験しております

国内外の内視鏡外科手術研修を修了し、数多くの症例を経験しております。

  • 内視鏡外科アドバンスコース修了(ジョージア大学)
  • 腹腔・胸腔鏡手術コース修了(コロラド州立大学)

ページの先頭へ戻る

整形外科

整形外科手術とは単に骨折の手術だけではありません。
小型犬、大型犬には、それぞれに先天性(生まれつき)の骨や
関節の疾患、外傷や高齢による靭帯や関節変化、骨の腫瘍(がん)
などの多くの病気があり、
それぞれに特殊な器具や技術が必要になります。

整形外科手術の研鑽に

  • AO(整形外科)ベーシック、アドバンス、マスター各コース修了(オハイオ州立大学にて)
  • 創外固定骨折整復手術コース修了(アイオワ州立大学にて)
  • 前十字靭帯断裂整復手術(TPLO法)ライセンスコース修了(オレゴン州にて)
  • 前十字靭帯断裂整復手術(TTA法)セミナー修了(ワシントンD.C.)

また、さまざまな国際学会において、
ライセンスコースやショートコースにて受講し、
より良い医療の提供に努めています

当グループ病院内の獣医師は、国内や海外での整形外科の数多くの認定コースを修了した整形外科獣医師が複数名おり、 チーム医療として難易度の高い整形外科手術も行っています。

整形外科手術例(各骨折および関節疾患の整復術)

各種骨折整復手術(骨プレート法、創外固定法など)、
膝蓋骨脱臼、前十字靱帯断裂(TPLO法、関節外固定法など)、
股関節疾患(骨頭切除(FHO)、骨盤3点骨切り術、
若齢恥骨結合融合術(JPS)など)

整形外科手術例

腫瘍整形外科(骨や関節のがん疾患の切除と再建形成術)

下あご腫瘍の症例 術前
下あご腫瘍の症例 術前
下あご腫瘍の症例 術後
下あご腫瘍の症例 術後

ページの先頭へ戻る

リハビリテーション科・理学療法科

当院ではリハビリテーション療法に積極的に取り組んでいます。
整形外科手術の受けられたあとは、個々にあわせたリハビリテーションプログラムを組み立てて術後のケアーに当たっています。

骨折や関節の手術後は、術後の痛みや手術前の無理な手足の動きから、
筋力の衰えや本来の関節の動きを失いがちです。
本来の手足の関節の動きを取り戻すだけでなく、回復期における痛みのケアーを
十分に行いながら、筋力アップを行うことで、手術後には無理のない回復と
早い社会(日常生活)復帰が望めます。

リハビリテーション科・理学療法科

リハビリテーション科・理学療法科

超小型犬・猫~大型犬と体のサイズや、運動量もさまざまですので、
個々の状態や回復スピードにあわせて、
その子にあわせたオーダーメードプログラムを組み立てていきます。

ページの先頭へ戻る

麻酔科・ペインコントロール科

一般外科・整形外科等の手術は、手術による痛みを伴うことがあります。
痛みを最小限に抑えた内視鏡外科手術の取り組みによる、ペインコントロール(痛みの治療)を特に整形外科や腫瘍外科での大きな
当院では動物たちの痛みを軽減するためにペインコントロールを積極的に行っています。

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2010 Doubutsu Medical Center Mino. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る