小さな家族の一生をトータルにサポート 動物メディカルセンター箕面

検診科

HOME検診科

検診科

ワンニャンドック

言葉を話さない動物たちは不調なところがあってもそれを飼い主様に伝えることができません。
明らかな症状が出た時には病気が進行していたということもままあります。
早期発見のためにも、小さな家族にDOC検査をプレゼントしてあげてください。

7歳までは年に一度は検査をすることをお勧めします。
(ちなみに人の1年は動物たちでは3カ月に相当します。)
シニア世代になったら検査の間隔はその子に合わせた期間で受けましょう。

ドック検査は充実の4コース。
状態に合わせてお選びください。
適切なコースが分からない場合はお気軽にご相談ください。

ワンニャンドック

基本ドック

身体の一般検査・血液検査・尿検査・レントゲン・心電図・肝臓エコー検査などを含む1年に1度はぜひ受けていただきたいベーシックなコースです。

ミディアムドック

基本ドックコースに加え、血液検査のより詳しい項目や腹部の全臓器にわたるエコー検査、眼科検査なども実施します。
高齢期に入ったらこちらのコースをお勧めします。

プレミアドック(1泊2日)

カラードプラーを用いた心臓エコー検査や胃カメラ検査が加わります。
当院でできる全ての検査を含み、長寿を目指しての精密な検査をご希望の場合はこのコースをどうぞ。

プレミアスーパードック(1泊2日)

精密なドック検査で全身の状態をしっかりと把握。
その上で歯科クリーニングやアロママッサージなどのリラクゼーションメニューも加わった特別なコースです。

ドック検査項目の詳細は、こちらをご覧ください。

特殊検診

眼科検診

白内障は年齢が高くなるとレンズが白濁し、視力が低下していく病気です。
手術にて治療することも可能です。
まずは精密検査を受けることが必要です。
その他、視力の低下が疑われるような場合もご相談ください。

TPO

整形外科検診

大型犬で多い股関節形成不全や小型犬で多い膝蓋骨脱臼は、疑いがあれば早めに精密検査をし、今後の指針を立てることをおすすめします。

TPO

Copyright (c) 2010 Doubutsu Medical Center Mino. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る