小さな家族の一生をトータルにサポート 動物メディカルセンター箕面

小児科

HOME小児科予防について

予防について

各種伝染病予防のための混合ワクチン

他のワンちゃん猫ちゃんと直接または間接的に接触することで伝染病に感染する可能性があります。伝染病の中には命にかかわる恐ろしいものもありますし、
子犬・子猫ちゃんは体力がないので重症化することもあります。
2か月齢には初回のワクチンをスタートしましょう。
ワクチンは生まれた年は2~3回の接種、以降年1回追加接種して免疫を維持していきます。

初めての注射は子犬・子猫ちゃんもそして飼い主様も緊張するもの。
注射が苦手にならないように配慮しながら行いますので安心してお任せください。頑張ったらごほうびが待っているよ!
各種伝染病予防のための混合ワクチン

フィラリア症の予防

フィラリア症とは蚊に刺されることで感染し、心臓にそうめん状の虫が寄生する病気です。
心臓は生命の維持に欠かせない重要な役割を担っていますが、フィラリア症になると大きな負担がかかってしまい命にかかわります。
また、感染してからの治療はリスクが高いものになってしまいます。月に1回の飲み薬で確実に予防できますので、必ず飼い主様が予防をしてあげてください。
蚊取り線香などでは予防できません。

1歳までの小児科期は体重がどんどん増えていきます。
毎月その子の体重と様子を確認してお薬をお出ししています。
フィラリア症の予防

ノミダニ寄生の予防

ノミやダニが寄生すると非常に痒いです。
掻きむしることで皮膚病をおこしたり、血を吸われる際に血液の病気に感染することもあります。 また、飼い主様が被害を受けることもあります。
お薬は首に垂らす簡単なタイプのものです。
一般に売られているものと動物病院でお出しするものとは成分が違いますのでご注意ください。

お薬の付け方が分からないときは飼い主様の前でお付けしますので、
お気軽にお申し出ください。
ノミダニ寄生の予防

歯周病の予防

長生きの子達にに共通していること、それは"歯がキレイ"ということなのです。
お口の健康は全身の健康に深く関わっています。
お口の健康を維持するには、小さい時からお口のケアを好きになることが肝心。
パピーキトンクラブでは歯みがきレッスンをご指導します。

ハミガキが毎月少しずつ進歩できるように、その子の状態に合わせてご指導します。
一緒に頑張っていきましょう!
歯周病の予防

狂犬病の予防

生後90日が過ぎたワンちゃんには法律で狂犬病の注射が義務付けられています。

狂犬病の予防

避妊手術・去勢手術について

避妊手術・去勢手術について

私たち人と共に生活していくワンちゃん猫ちゃんたちは、繁殖できない環境下で発情を迎えると、多大なフラストレーションを受けます。

手術を受けることで発情のストレスから解放され、より健康に長生きします。

家族の一員として人間社会の中で長く幸せに共に暮らすために。
そして望まれない妊娠を防ぎ不幸な子が出ないために。

手術までの流れ

5~6か月齢になったらそろそろ不妊・去勢手術の適齢期です。
初めての発情が来る前に実施するのがベストです。
手術を決められたら一度来院してください。
それまでのワクチン接種などの時にも手術のお話はさせてもらいますが、
もう一度詳しくご説明いたします。
また、術前検査も行います。
手術までの流れ

手術

去勢手術(男の子)

全身麻酔下で両側の精巣(睾丸)を陰嚢内から摘出する手術です。小さな傷で済みます。
手術を受けると繁殖能力がなくなります。
まれに陰嚢内に精巣が降りず、お腹の中に留まっていることがあります。その場合は腹腔内から摘出します。

去勢手術(男の子)

メリットは?

精巣腫瘍になる心配はなくなります。前立腺肥大、肛門周囲の腫瘍などの発生率が大きく下がります。
縄張りを主張するマーキング行動や性的行動が減少します。
攻撃性も低下するので他の子とのけんかも減り暮らしやすく、しつけやすくなります。

避妊手術(女の子)

全身麻酔下で両側の卵巣と子宮を摘出します。
1~2週間後に抜糸をした後は通常の生活に戻ります。避妊手術を受けると繁殖能力がなくなります。

メリットは?

望まれない妊娠を防ぐことは大切なことです。
また、卵巣腫瘍・子宮蓄膿症などの卵巣・子宮を基盤とする病気は完全に防ぐことができますので、健康を守る上でたいへん意味があります。
発情時特有の神経質な状態や鳴き声、発情に伴う出血もなくなりますので家族として一緒に生活する上で大きなメリットです。
また、乳腺腫瘍の予防効果は手術の時期と深く関連しており、早期の手術をお勧めします。

腹腔鏡による避妊手術風景

腹腔鏡による避妊手術も行っています

小さな傷口で手術を終えることができるので
痛みも小さく傷の治りも早いメリットがあります。
詳しくは診察時にお尋ねください。写真はクリックで拡大します。

  • 腹腔鏡による手術の傷腹腔鏡による手術の傷
  • 通常の避妊手術による傷通常の避妊手術による傷

手術後

手術後
手術後、お迎えの時に注意点など詳しいお話をいたします。
術後はペインコントロールをしっかりしてお返しいたしますので、ご安心下さい。
通常抜糸まで1~2週間。その後は普通の生活にもどります。

術後検診

術後検診
当院では、手術後、抜糸後もしっかりサポートしていきます。
体重管理や術後の様々な心配事など、何でもお気軽にご相談下さい。
まずは、手術後約1カ月で状態のチェックをします。
お葉書が届きますので、ご来院をお願いします。

Copyright (c) 2010 Doubutsu Medical Center Mino. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る